MENU

メニューを閉じる
HOME
大阪弁護士協同組合とは
大阪弁護士協同組合とは
ご挨拶
組合の組織概要
事業案内
組合からのお知らせ
所在地・アクセス
ご加入のご案内
組合への加入方法
加入申込書のダウンロード
組合員向けサービス
サービスのご案内
メンバーズエリアについて
特約店モールのご利用について
提携クレジットカード
提携お買い物カード
保険
各種研修・セミナー情報
融資
事務所承継相談所
ライフプラン相談
ココロのもやもや相談(メンタルヘルス相談)
健康管理
ベビーシッター
オリジナルワインのご案内
OLCビル・駐車場
その他サポート窓口
書籍&ファイルの販売
書籍一覧
ファイル販売
お買い物ガイド/特商法に基づく表記
その他
べんべんリレーBLOG
関連リンク
よくあるご質問
サイトマップ
プライバシーポリシー
お問い合わせ
メンバーズエリアへ
トップページ > 書籍&ファイル > 改正会社法の解説(実務家による改正法シリーズ④)

改正会社法の解説(実務家による改正法シリーズ④)

編集
大阪弁護士協同組合
発行
大阪弁護士協同組合
発行日
令和4年2月28日
価格
2,750円(税込)
※メンバーズエリアにログインすると組合員価格でご購入できます。

数量:

内容の紹介

令和元年改正会社法がよくわかる待望の手引書(令和3年以降施行)

 会社法は、平成17年に制定され、その後、平成26年に改正されましたが、今回の改正は平成26年の改正後の会社をめぐる社会経済情勢の変化に鑑み、株主総会の運営及び取締役の職務の執行の一層の適正化等を図ることを目的としたものとなっています。
 今回の改正の主な内容としては、株主総会資料の電子提供制度の導入、株主提案権の制限、株式交付制度の新設、取締役の報酬等に関する規定の改正、社外取締役を置くことの義務付け、役員等賠償責任保険契約に関する規律、補償契約に関する規律、社債管理補助者に関する規定、業務執行の社外取締役への委託に関する規定の新設などがあげられます。
 本書は、「実務家による新法改正シリーズ」の一巻として、今回の改正点をQ&Aの形で簡潔に紹介し、実務に必要な知識や指針が得られるようなものを目指して、企画・出版されました。

もくじ

1 株主総会資料の電子提供制度
2 株主提案権の制限
3 取締役の報酬等
4 役員等のために締結される保険契約
5 会社補償
6 業務執行の社外取締役への委託
7 社外取締役を置くことの義務付け
8 社債管理補助者
9 社債権者集会
10 株式交付
11 取締役等の責任追及等の訴えに係る訴訟における和解
12 議決権行使書面の閲覧等
13 株式の併合等に関する事前開示事項
14 会社の登記
15 取締役等の欠格条項の削除及びこれに伴う規律の整備

特約店モールのご案内